日本柔道整復師会の医療機器・衛生材料展示会場に出展しました

大分県

第49回九州学術大会大分会場において、感染症対策&アピールの場としてプロトクリン・アクアが展示されました。同大会は2020 東京オリンピックの延期等に伴い、前回の2019 宮崎大会以来、実に3年ぶりに開催されました。当日は多くの整骨院・接骨院関係者が参加され、特別講話やワークショップ等もあり、会場は大いに盛り上がりました。

また、プロトクリン・アクア原液と霧化器、次亜塩素酸水専用の電動フォグガンを大抽選会の景品として協賛させて頂きました。見事当選された来場者様に大変お喜び頂きました。また機会があれば同業界のイベントに参加したいと思います。

会場内に専用霧化器を設置し、空間噴霧による感染症対策を実施

プロトクリン・アクアは販売代理店様を通じて主に関東・九州地区の整骨院、接骨院、鍼灸院でご活用頂いています。日々多くの患者様が訪れる施設の感染症対策として好評頂いております。
詳しくは他の導入事例をご参照下さい。


(担当:本田 賢司)

TOP