O-157

話題 / 毎年流行

O157はノロウイルスやカンピロバクターなどと並んで集団食中毒の原因菌となることが多く、子供や高齢者の場合は重症化しやすく、生命に関わることもあるので注意が必要です。

O157とは

大腸菌は、ヒトや家畜の腸管に普通に存在しています。しかし大腸菌のなかには、急性の胃腸炎や下痢を起こすものがあり、「病原性大腸菌」と呼ばれています。中でも「腸管出血性大腸菌O157」はベロ毒素と呼ばれる強い毒素を作る代表的な病原性大腸菌で、感染すると血便を伴う激しい下痢を起こすことがあります。

主な症状

潜伏期間(感染から発症までの時間)は4日〜9日

  • 強い腹痛
  • 激しい下痢
  • 倦怠感
  • 嘔気
  • 嘔吐
  • 発熱(あまり出ない)

感染経路

  • 接触感染(経口感染)

O157の主な感染経路は菌に汚染された食品や、患者の便で汚染されたものに触れた手を介して起こる接触感染(経口感染)です。集団で食事をすることがある施設などでは爆発的に感染拡大を起こしてしまう可能性もあり、過去にも集団感染は数え切れないほど起きています。
なぜか報道が小さいので、毎年起きているであろう集団感染が大々的に表に出ない年もありますが、大きく報道される規模の集団感染となると、相当数の感染者を出してしまった場合などになります。
他の食中毒菌と比べ、極めて少ない菌量(100個以下)で感染してしまう強い菌ですので、細心の注意が必要となります。

TOP